猫に与える餌はどれでもいいという訳ではない。

Posted By on 2015年9月4日

猫を飼うということは猫の健康管理を常にチェックしなければならないという責任が飼い主に求められます。人間が食べ物が合わずに体調を崩すように猫にも合わないキャットフードがあるようで常に猫のトイレをチェックしなければなりません。

猫を飼い始めた当初は猫に与える餌なんてどれでも構わないと思っており、スーパーに陳列されていた一番安い値段のキャットフードを購入していました。

猫自体も最初の頃はガリガリと美味しく食べていたのですが、数ヵ月が経過した頃に猫の体に異変が表れたのです。それは猫の首回りの毛が抜けており肌が見えるようになっていたのです。

この時は何が原因なのかは分からなかったのですが、友人から餌を変えてみたらというアドバイスを受けていつもより高値の餌を購入してしばらく与え続けてみました。

すると脱毛していた首回りに毛が生えてくるようになったのです。勿論以前食べていた餌が抜け毛の原因とは言えないのですが、猫それぞれに合う餌さ合わない餌があるようで猫の健康状態をチェックしながら餌を与えるようになりました。

また幾つかの餌を与えて猫に変わった症状が出るのか出ないのかも把握しておかなければなりません。何故ならば普段与えている餌が売り切れていた場合に別の餌を購入しなければならないからです。
猫の健康が気になるならまずはキャットフードの選び方に詳しいサイトを参考にしましょう。

キャットフードおすすめを見る

従って普段から変わった症状が出ない第2候補の餌と第3候補の餌を頭に入れておけば、売り切れにも上手く対応できるのです。また缶詰も同様なので飼っている猫に合う餌と合わない餌を把握しておきましょう。

Comments are closed.